予防歯科・小児歯科

予防歯科

虫歯は元来まれな疾患と考えられています。有史以前にはほとんど虫歯はありませんでした。
日本人の虫歯保有数は12歳児において虫歯の先進国(フィンランド)と比較すると約4倍になっています。
その差は予防歯科にあるといってよいでしょう。
虫歯の出来る仕組みや自分自身の「虫歯のリスク」を知ることにより、より適切な虫歯予防を実践していくことが可能です。
また当院では「削る、詰める、被せる、抜く」といった治療の方向を極力避け、予防を診療の軸に置いた新しい診療概念を皆様方と共に実践して参りたいと考えております。

例えば詰めるに関してですが、歯の欠けた所や、無くなった所を修復する治療を 補綴(ほてつ)治療といいますが、耐用年数という観点から考えると、 補綴物は確かに治療費は安いのですが、何かとメンテナンスが必要になる場合が多く、再び治療をやり直すことになったりして、 結局は治療費も高くつく こともあります。

これからは予防歯科に取り組んでいる歯科医院へ行った方がいいかもしれません。

予防システム(虫歯)


虫歯の原因

原因は虫歯菌!歯垢は細菌の塊です。
グルカンというネバネバによって歯にくっついて糖分を栄養にして酸を出します。
そしてこの酸が歯を溶かすのです。

再石灰化を理解すれば虫歯にならない

食事の後、口の中は酸性になり、歯の表面からは、必ずカルシウムとリンが溶け出しています(脱灰)。
しかし、食後の一定時間が過ぎると、口の中が中性に戻り、今度はカルシウムとリンが歯の方へ戻り始めます。
これを 再石灰化 と呼びます。




右のグラフは、一日の脱灰と再石灰化を表したグラフです。
食事の後、すぐに口の中のphが下がり(酸性)、脱灰が起こりますが、その後唾液の作用で、中性に戻り,再石灰化が起こります。
この脱灰と再石灰化のバランスが悪いと虫歯になります。
口の中に、食べ物や、糖分を含んだジュースを飲むとすぐに脱灰が始まるので、 間食も重要になります。
つまり、砂糖の量より食事の回数の方が重要だと言っても過言ではありません。






右のグラフは、間食やジュースなどを頻繁に口の中に入れている子供の場合です。
脱灰時間が長くなり、再石灰化の時間が短くなるのがお分かりいただけると思います。
期のムシバに成っています。 しかし、当院では、削りません。



当院の治療

初期の虫歯の場合、当院では、歯が欠けていなければ、ダイアグノデントで虫歯の程度を診断して、食事指導、ブラッシング指導,フッ素洗口の指導を行い、定期検診毎にチェックを行っていきます。
初期のムシバは、削らなくても治ります。
それでも、定期検診毎にチェックして、ダイアグノデントの数値があがって虫歯が進んでも、今まではバーという金属でジェット機の様な音をさせて歯を削っていましたが、当医院ではレーザーや、アルミナ粉末で虫歯のみを削る、最小限の治療を心がけています。

歯周病

歯周病とは

歯周病とは普段は痛くないので気がつかないうちに歯が抜けてしまう病気です。
したがって、もし一生歯を残したい、というお気持ちがあれば、 痛くないときに定期的に通院することが必要です。

また単純に歯石を取るだけではうまくいきません。
クリーニングを受けるだけでもうまくいかないことがあります。

一生、削らず・神経を抜かずに、歯を残すという目標を設定した、歯周病治療の計画が重要です。

ちなみに昔は、歯槽膿漏という名前で呼ばれており、原因は年のせいだから治らない、とか、年取れば歯が抜けるのは当たり前といわれていました。
しかし現代では、歯周病という病気であることが証明されました。
病気であれば治せば、年を取っても歯を失うことはないのです。

国際歯周内科学研究会


歯周病のチェックポイント

・歯肉が赤くはれている
・歯肉が退縮して歯が長く見える
・歯と歯の間に隙間がある
・歯がグラグラする
・歯肉から血が出る
・歯肉がどことなく痛かったり、かゆい感じがする
・口臭がある
・朝起きたら口の中がねばねばする。
・冷水でうがいをするとしみる。

歯周病の原因は?

歯周病の直接的原因はプラーク(歯垢)です。プラークは食物残さ
の中で繁殖した細菌の塊です。
プラークが付着すると、その中で毒素が作り出され歯肉に侵入して
炎症が起こります。
歯肉が腫脹し、歯肉と歯との隙間が深くなり、炎症が深部へと拡が
っていきます。
歯根膜が壊され、骨が喪失し始めます。そのまま放置すると、骨の
喪失が進み歯が動揺し、やがて歯は脱落してしまいます。


歯周病治療

まず始めにプラークが付かないような「ブラッシング」を身に付けていただき、付いてしまった歯石を丁寧に取り除くことでかなりよくなります。
また、この後の定期健診を続けていただくことで、炎症をコントロールできるようになり、ほとんどの場合、日常生活に支障がないようになれます。


歯周治療の実際

歯周病は自然に治ることはないので、放っておくと症状はどんどん悪化してしまいます。治療をすることによって、ある程度の進行を防ぐことができます。

1:正しいブラッシングを毎日行い、歯周病の原因となる歯垢を取り除き、口の中の清潔を保ちます。症状の程度により抗菌剤の投与や洗口剤も効果的です。

2:歯ぐきをマッサージして歯肉を強くします。マッサージをすると歯肉は引き締まり、歯と歯ぐきとの間にできる隙間を減らします。

3:栄養のバランスが悪かったり、不規則な生活を続けたりしていると、体の抵抗力が弱まり歯ぐきが赤く腫れたり浮いた感じがします。常に規則正しい生活を心がけてバランスのとれた食事をすることが肝心です。

4:歯石やバイオフィルムは自分一人で取ることはできません。3−4カ月に一度は、歯科医院で歯石やバイオフィルムを取ってもらうようにしましょう。

当院では、クリニカルパス(ポケット測定、唾液量、位相差顕微鏡を用いて細菌の変化らを考慮して)を用いて歯周治療やメインテンスを進めています。

サポート治療

1 PMTC(機械的歯面清掃)
2 酸化電位水による遊離プラークの洗浄
3 ハーブ(精油)による口腔内マニュピレーション
4 ハーブ歯磨きを用いた指ブラッシング
5 患者さんにあった術者みがき

「気持ちよかった、また来てお掃除してもらいたい。私もこの爽快感を持続させるために家でも歯みがきをがんばろう」という太陽型の指導を吉川歯科医院では目指しています。


ほんとに怖い話!

歯周病と全身疾患の深いかかわり
・心臓発作が2.8倍
・早産の確率が7.5倍

歯周病の患者さんは、歯周病でない患者さんに比べ致命的な心臓発作を起こす危険が約2.8倍、早産の確率が7.5倍高いということが、最近のアメリカの研究(M.G.Newman UCLA教授/F.A.Scannapieco ニューヨーク州立大教授/B.L.Mealey USAF歯周病主任らの発表による)などでわかってきました。日本人の成人の約85%は何らかの歯周病に感染しているといわれています。
歯についた歯垢は細菌のかたまりです。歯垢1ミリグラムの中に約1〜2億個の細菌やうみが含まれており、私たちはそれを毎日飲み込んでいることになります。細菌は口や血管から体内に侵入する中、重度の歯周病になっている妊婦は早産(2500g以下の低体重出産)の危険が7.5倍も高いです。しかも歯周病は、飲酒や喫煙よりリスクが高く、早産の最大の危険因子と判明。
歯周病を治すことで18%の早産が予防できると発表されました。また糖尿病の患者さんは以前から歯周病になりやすいことは知られていましたが、最近は逆に歯周病があると糖尿病の血糖値のコントロールが難しくなるとわかりました。
したがって、歯周病を治療すれば血糖値が下がり、糖尿病がよくなっていくという好結果につながります。
また、肺炎やぜんそく等の呼吸器疾患にも歯周病がかかわっていることがわかってきました。


最低でも半年に一度は、歯科医院で虫歯や歯周病のチェックを受け、一緒に歯石の除去も受けてください。


まずは、患者さんご自身のお口の中の細菌(バイオフィルム)を減らすことがなにより肝心です。そのためには食後の正しいブラッシングが不可欠です。
初期の歯周病は自覚症状が無く、知らない間に進行してしまいます。また、根の深いところについた歯石は自分ではとれません。歯科医院でしかできない治療がありますので、お気軽に「歯周病の検査をしてほしいのですが」と、歯医者さんに声をかけ、正しいアドバイスを受けましょう。


詳しくは、御来院もしくはお電話にて、スタッフにご相談ください。

小児歯科


吉川歯科医院の診療方針

・子供の気持ちを考え、痛くなく楽しい治療をします。
  (当院ではヒールオゾン治療を取り入れています。)

・正しい生活習慣を身に付けていただき、健康の自立を
 目指します。

・成長発育を予測し、管理します。

・出来るだけ低年齢時より継続管理をし、一生の健康増
 進のお手伝いをします。

・むし歯予防、歯並びなどを成長に合わせて継続管理を
 します。

・元気な輝く笑顔を守ります。


将来を予想し無理のない治療を。生涯の出会いとなる歯医者を目指します。

『時間軸からこどもを考える』 無理な治療はせず、練習を行い将来を見据える。
成長発育期は体も心も大きく変化する時期です。歯の生え変わり、かみ合わせの変化、顔つきの変化、こころの成長、そして術者との信頼関係。どれもが時間と共に成長・変化していくので、それを予想し経過をみていく必要があります。=定期健診の必要性
単にむし歯を削って詰めるだけの処置ではなく将来を予測した治療と経過観察を行うことで、無理のない治療・こころとからだに負担の少ない治療ができます。(小児期の信頼関係は生涯の健康を維持するうえでの最も重要な要素と考えています。


痛くない・こわくない・楽しい歯医者さんは基本条件

吉川歯科医院は小児診療では極力麻酔を使わないよう心がけています。
もし削ることになったとしても低速の回転器具を使用し、痛みが少なく嫌な音が出にくく低年齢のお子様でもドリル回転しない切削器具を使い安全な治療を心がけています。


保護者やこどもは悪くない。悪いのはむし歯菌!ポジティブアプローチ
すべての疾患には原因があります。特にむし歯は生活習慣病といわれ、日々の生活習慣が疾患の原因となっています。しかしそこで保護者の管理不足を責めるのではなく、共にむし歯菌を減らしていくという姿勢で努力をすることが最良の方法だと考えています。


現代のこどもたちの生活習慣
こどもたちは、外で元気よく遊びまわることが少なくなり家の中でテレビやテレビゲームに夢中でいつもスナック菓子やジュース類が身の回りにありおなかがすかないチョッとおなかがすくと何か口へ…となりゴハンをしっかり食べない。
すると、また小腹が減って何かを口にするとなって生活のリズムが狂っています。

外で遊びに夢中の子供には、家の中でだらだら食べ続ける生活とは無縁になります。

テレビCMで流される甘くてやわらかそうな加工食品やスポーツ飲料、乳酸菌飲料、ジュース等の砂糖タップリの飲み物があふれかえり1日3食という普通の食習慣ではなく全く違う、第二の食習慣がつくられてきました。

来院されるむし歯の多い子供や、むし歯を定期検診のたびにみつけられる子供達には、このような生活習慣(食習慣)をおくっているようです。


予防の+(プラス)1
予防には、『むし歯の予防』・『歯肉炎(歯周炎)の予防』・『歯並びの予防 』の基本の予防があります。
小児歯科には、+(プラス)歯科恐怖の予防=『泣きの予防』があります。
年齢や成長に合わせて行動心理学的に『泣き』を予防することで治療を容易にし、こどもとの信頼関係を築いていきます。

噛むことが一番!!

噛むことは『むし歯・歯周病・歯並び・咬み合わせ・顔のかたち』のすべての予防の基本です。

しっかりと『噛む』ことによって唾液の分泌が促進されむし歯や歯周病を予防し(発展途上国でむし歯や歯周病が少ないのはよく噛むことで唾液をたくさん出しているからです)、そしてアゴの発育が正常に行なわれ歯並びが整います。また噛む刺激は脳を活性化し集中力や知能の発育を促進します。

歯並びや咬み合わせなどは後天的な環境要因も多く影響します。

近年の平均的な食事状況ではもはや正常な発育は困難になっているといえます。ですから日々の食事にくふうをすることやガムやチューイングブラシを噛む訓練をすることで『噛む』ことを意識的に補う必要があります。

吉川歯科医院では、噛めない子・噛むことが足りない子を早い段階で判断し、『噛む』ことの大切さをわかりやすく説明し、『噛む・噛む指導』をおこなっています。

口呼吸をしていませんか

口をぽか〜んと開けて口呼吸をしていませんか?

口呼吸はむし歯や歯周病の大きなリスクになるばかりではなく、歯並び・アゴの骨・顔のかたちに大きく影響します。また就寝時の口呼吸はいびきにつながることも多く、重度の場合は睡眠時無呼吸症候群(SAS)となることもあります。それらによって眠りが浅くなることで成長ホルモンの分泌の低下が心配され、日中の傾眠(ねむたさ)による集中力の低下や学力の低下、重大事故の原因となる可能性があります。
口唇や皮膚の乾燥、アトピー性皮膚炎との関係も問題視されています。

鼻疾患や扁桃腺肥大などで鼻呼吸がしにくい場合は先ず耳鼻科を受診するべきですが、口呼吸を改善することで慢性鼻炎や扁桃腺の肥大が改善することもあります。
改善には普段から口唇を閉じる意識が大切ですが、トレーニング器具を使用するほうが効果的な場合もあります。

受診のポイント

こどもに伝えてもらいたいこと(ポジティブイメージ)
〜保護者の歯科に対するイメージを変えることでこどもも楽しく受診できます〜

1.歯科医師は味方であること …先生はキミのことが大好きだよ!

2.治療は良い結果をもたらすこと …キレイにしようよ。かわいくなるよ。
  ご飯がいつもよりおいしくなるよ!

3.自分で健康を守ることを…キミが上手にハミガキしているのが先生も楽しみだよ!
  期待しているということ

4.診療後はしっかりと褒める…がんばったね、すごいよ。またむし歯を退治しよう!


服装   首まわりの楽な服装が良いです。
予約の時間帯   診療に不慣れな場合、体力・気力のある午前中が良いでしょう。

嘔吐反射の強い場合は食事をとる前にお越しいただくのが安全です。

小児矯正(歯並びの予防)

わたしたちは子供の健全な成長発育には良く噛める、良く飲み込める、良く話せることが大切だと考えています。
早期に歯並びを予想し、健康な歯並びに導くことで成長発育のうえでの様々な障害を予防することができます。

当院の矯正治療はこちら

母子感染

『虫歯はうつる』って知ってますか?

虫歯の原因はミュータンス菌という細菌です。 ミュータンス菌は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはいません。口移しなど、唾液を介して大人からうつる(感染する)のです。 それではミュータンス菌の感染を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

赤ちゃんが最も感染しやすい時期は?

最も感染しやすい時期は 生後 19 か月〜31か月 と言われています。生後 19 カ月までは母乳の中の抗体によって、又 31 か月以降は、唾液中の免疫力ができるため、ミュータンス菌の感染を防ぐことができます。従って、生後 19 か月〜 31 か月の間に、いかに感染を防ぐかが重要になります。

どうやって感染するの?

大人の唾液を介して感染します。 口移しで食べさせたり、大人の唾液のついたお箸、スプーン、歯ブラシなどを介して感染することが多いようです。

感染を防ぐには?

特に、感染しやすい生後 19 か月〜 31 か月には以下のことを注意してください。   
1.食べ物口移しであげるのを止めましょう。
2.お箸、スプーン、食器などに大人の唾液がつかないように気をつけましょう。
3.お子様と大人の歯ブラシは分けましょう(できれば歯ブラシを保管するコップも分けたほうがいい
 です)。
4.兄弟、友達からの感染にも気をつけましょう(唾液の付く可能性のある物全て)。
5.両親のミュータンス菌を少なくする      

一番接する機会の多い母親、父親のミュータンス菌を少なくすることが重要です。具体的には次のようなことを実践しましょう。


▼歯磨きを正しい方法でしっかりとする(磨き方は歯医者さんで指導してもらいましょう)。
▼歯磨き粉はフッ素入りの歯磨き粉を使いましょう。
▼甘いものをだらだら食べるの控えましょう。
▼キシリトールガムを一日 3 回ほどかみましょう。

食育のすすめ

食育とは

あなたは「食育」という言葉をご存知ですか?
私たちの食生活は、インスタント食品や加工食品などが氾濫し、個食により好きなものだけ食べることが当たり前になり、そのうえ過食や拒食、食品アレルギーなど多くの問題が発生しています。「食育」は、そうした時代の風潮を見直し、「小児に正しい食生活」を身につけさせていこう」という考え方です。
欧米ではすでに子供たちの健全な発育を促す目的で「食に関する教育」を行っています。

習慣付けましょう!


なかなか持って生まれた資質を変えることはできません。しかし生活習慣は、繰り返しトレーニングすることで「習い性」として身につけることができます。環境が人に大きく影響を与えます。「氏より育ち」のことわざを上手に食育に利用しましょう。 食育は、家庭の食生活の見直しがスタートです。家族が健やかに暮らしていくエネルギーを得る毎日の食事を、もっと大切に考えましょう。

考えて食べる習慣が大事

食は、命に直結する大切な問題です。何をどのようにして食べるかは、私たちの歯や口の健康と深く関係しています。栄養学の発達し、新しい知識が一般に知られるようになりました。賢い選び方食べ方を知って、より健康に過ごしましょう。