ヒールオゾン治療

当院では、以前より予防歯科を中心としてきましたが、 2003年 12月 2号期として 4年(日本輸入後)が経過しましたが、予防や小児治療を含めオゾン治療の効果の程もわかってきました。

ヒールオゾン・レーザーを使ったMI治療

根管治療
根管の殺菌、乾燥に。エンド治療を1回で完了することが可能です。

フィッシャーカリエス、ピットカリエス
フィッシャーカリエスに効果的です

根管、歯頸部カリエス
特に傷みに敏感なエリアの歯質を維持します

矯正
確実な殺菌と予防。ヒールオゾンが効果的に殺菌を行います。

軟組織治療
この治療分野でも、ヒールオゾンの殺菌力が効果を発揮します:ウイルスや病原菌にチャンスはありません

シンプルな治療ステップ 

1. クリーニング

治療のはじめに歯面をクリーニングすることを推奨します - KaVo プロフィーフレックスをご使用ください。






2. 計測

リコール時に正しい判断をするために、KaVoダイアグノデントでの計測を行います。ダイアグノデント数値により、短期間または長期間のオゾン治療を行うか、判断します。




3. 治療

KaVo ヒールオゾンでコントロールされた濃度のオゾンを照射します。照射時間は10秒から40秒の間で設定可能です。




4. 再石灰化の促進

歯の再石灰化を促進します。